ようこそ、三方両得どっとCOMサイトです。買い手よし、世間よし、売り手よし!

水が燃える技術、ついに完成!!29

水が燃える技術、ついに完成!!29

マイヤーの水を燃やす技術を完成させた
日本人がい る!!

GhostRipon さん(HN)その人だ!!
有言実行、とうとう『
日本製品』を作り 上げた!!第29弾


 

 これで、最初にご紹介を始めた『水が燃える技術、ついに完成!!①』に立ち戻る訳である。ここにこれまでの中間総括がある。エネルギー革命は可能か?(中 間報告)がそれである。


 その中で、パルス電磁波でブラウンガスが発生することは、ほぼ証明された。その機序は後人に委ねられよう。果たして、オーバーユニティー(出力が入力をオーバーすること)であるか否かは、確認された訳ではない。


 そこで、これからの課題であることを端折って、あれこれ言っても仕方がない。オーバーユニティーであることを前提に、この発明は価値があるのであって、じっくり眺めていて頂きたい。


 まだまだ、コンディショニングは続く。



 

【転載開始】2010年02月02日(火)
 

コン ディショニング10(動作実験)

テーマ:実験

O0600045010398888068


(こちらに戻します。画像は使い回し)


経過報告(メモ)
1~4回目 : ガス少なめ。水の黄ばみもほとんどない。
5回目 : 高いアンペア で、ガスが出だす。水に黄ばみが出だす。
9回目 : 2.5A以上から、小さい泡がでるようになる。
12回目 : 1.0Aでも、小さい 泡がよくでるようになる。
14回目 : 0.5Aでも、小さい泡がでるようになる。1.0Aでガス増加。1.5Aで煙のような泡が出だす。
15 回目 : アウターパイプの泡が少し減少したかもしれない。
16回目 : 1.0Aで煙のような泡がでるようになる。
17回目 : 変化 がないような。
18回目 : 1.0Aで分解量が増えたような。
19回目 : 変化がないような。
20回目 : 0.5Aで煙の ような泡がでるようになる。
21回目 : 2.0Aと15回目の3.0Aが同じ分解効率な印象。
22回目 : 1.5Aが煙のような泡が メインになった。(小さい泡が減る)
23回目 : 0.5Aで大きな泡もでる。(泡がパイプから直接水面へ)
24回目 : 1.0Aで分 解量が増えたような。
25回目 : 1.0Aで煙のガスがたくさんでるようになる。
--セル組立て--
28回目 : ブラウン マック発生→以後(B)と表記する。
29回目 : (B)変化がないような。
30回目 : (B)1.0A~FETがほんのり加熱。バイ ファイイラーは冷たいまま。
31回目 : (B)ブラウンマックの量が増えたような。
32~34回目 : (B)特に変化無し。周波数に よってFETが発熱するようだ(ほんのり)
35回目 : (B)1.0Aで大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
36回目 :  (B)0.5Aでも大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
37~40回目 : (B)変化がないように見えるが、ガスは徐々に増えて いる印象。FETが1.0A、1.5A、2.0Aで発熱。
41~44回目 : (B)大きい泡が出るようになったが、コートの剥がれが多い。ガス の量は減っていない印象。
--セル分解戻す--
45回目 : 小さい泡が減って大きい泡が多い。アウターの泡が減ったような。コートの剥 がれが多い。

大きい泡>泡>小さい泡>煙のような泡 (現れる泡のサイズ)

コートの剥がれが止まらない。
スゴロ クで言うと1回休みか、10マス戻るか・・・ そんな状態の模様です。
とりあえず剥がれる分は無視して、続けるしかなさそうです。
来る者 は拒まず、去る者は追わず(笑)
やり直しになった感は否めない。



12V-3A 44回目
コ ンディショニング中ですが、ガスの発生量はこんな感じです。
ガスは出ていますが、量は、まだまだ。
(セルの気密が甘いので、少し漏れてい るかも)


12V-1A 45回目


大きい泡が以前 より増えて、小さい泡が減った。
コートが厚くなると大きい泡が出るようになり、コートが全体に乗ると小さい泡(煙の泡)がでる。
ような気 がします。(現在は、コートの乗っているところはそこそこ厚いが、全体には乗っていない状態)
コートのはがれている部分があるので、少し続けれ ば、小さい泡は戻ると予想。

コンディショニングは、最低100時間動作が必要らしいので、まあその間に直るでしょう。
まだ半分く らいですね。
動かしまくろう。


テーマ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html

ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html
 

【転載終了】


認証コード(4832)

a:1839 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional