ようこそ、三方両得どっとCOMサイトです。買い手よし、世間よし、売り手よし!

水が燃える技術、ついに完成!!⑲

水が燃える技術、ついに完成!!⑲

マイヤーの水を燃やす技術を完成させた
日本人がい る!!

GhostRipon さん(HN)その人だ!!
有言実行、とうとう『
日本製品』を作り 上げた!!第19弾


 

 動作実験の転載を、一つとばしてしまった。この19弾は、本来18弾の先に転載しなければならなかった。後先になるが、お許し頂きたい。混乱するので、とりあえず、これを19弾としたが、期間を置いて入れ替える予定。悪しからず!


 先にざっと読んでいる者からすれば、この後も順調な動作実験が継続する事を承知しているが、まあ、順次転載していくこととしよう。


 
【転載開始】2010年01月14日(木)
 

コン ディショニング(動作実験)

テーマ:実験

O0600040010375154880

(このストップウォッチ105円)

実験 環境は、画像の通り。
12Vの自動車用バッテリを使用しようかと考えてましたが、充電器で動かせるので充電器にした。
充電器は裏面に定格 2.0Aと書いてあるが、テスターで測定したところ出力は3.3Aありました。
(2.5Aと3.0Aは、長時間かけないので問題ないでしょう)
使 用コイルは、0.7mm(細い方)のバイファイラーです。
線同士の接続は圧着です。
導線の太さは、家に転がっていた多分エーモンの 2.0sq(平方ミリ)ケーブル。
プラスマイナスともコイルから1本出して、セルの側で4分割してます。(4分割後は20cmづつ)
1to4 だな。
上下逆さで水に浸けるので、セルパイプが底に触れないようにスペーサーの失敗作で部品を追加。
アクリルチューブは、コンディショニ ングが済んでから、ネジ山にコーキングして組む予定。

水に入れた状態は、こんな感じ↓

O0600045010375154867


とりあえず、壊れず動いてます。(一応、成功か な)
動画を撮ってみましたが、すごく地味ですね。(どちらも12Vで1Aです)
ラビ氏のレポート通り、初期の動作では、ほとんどガスは出 ないようです。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10349626443.html
陰 極側のパイプ(インナーパイプ)に、白いコートが乗ってくると効率が上がるという話ですので量は気にしません。
コンディショニングを何セットか やったところ、毎回少しづつガスが増えているような気がします。
薄っすらとコートもできて来たような・・・ 程度です。(↓の画像と同等だと1ヶ 月以上は確実にかかりそう)
今のところ、ブラウンマックは出てません。(予想では、鉄の赤錆ではないかと・・・)
ナット止めしている圧着 端子のメッキが短時間ではがれ、緑青(りょくしょう)がでたので、水中で電気メッキ的な
作用が働いているように思います。(↓右画像は、アウター がもらいサビしてるね)
ブラウンマックは出てませんが、セット終了後、水が若干黄ばんでいるような気がする。

T02200183_0400033210375178027

T02200165_0400030010375178952

 
(上: ブラウンマック 下:白いコート)

最低4週間、画像くらいだと3ヶ月と記述があるので、とりあえず動作しつづけて結果を見ないとダメで しょう。
それにしても、レポートにこの記述がなかったら失敗だと思っていたかもしれないな。
レポート通りなので、順調と考えることにしよ う。
コンディショニングは、以下のとおり行ってます。

コンディショニング
1)0.5A   25分動作  30分休憩
2)1.0A  20分動作  30分休憩
3)1.5A  15分動作  20分休憩
4)2.0A   10分動作  20分休憩
5)2.5A   5分動作  15分休憩
6)3.0A  120~150秒動作  終了
セット終 了後、1時間休めて次回を行う。(セルは乾燥する)

1回目

2回目

確か、アウターパイプの 泡が消えるのもコンディショニング終了のポイントと読んだ気がする。
動画だと、出まくっているな(笑)
それと、セルをつないで負荷をかけ たらPOWERのLEDが飛んだので、つなぎ方を変更しました。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10404359319.html

発 熱について
FET : 最初の動作では、3.0Aでほんのり暖かかった。最近は3.0Aでも無発熱。
     (ちな みに、ヒートシンクはなく替わりにケースのアルミ底板にネジ止めし放熱に利用)
バイファイラーコイル : 3.0Aでほんのり暖かい程度。(毎 回)低アンペアでは無発熱。
2.0sq導線 : 無発熱。
セル : 水中なので、調べようがない(笑) この時期の水は、滅茶苦茶冷たい ですね。

ラジオを聞きながら作業をすると、パルスのノイズが入ります。FMとAMだとAMの方が酷かったな。
この現象は、バイク で抵抗無しの点火プラグを使用したときに近いかも知れない。

コンディショニングは、地味に続く。
寒いので、夏が良かったな・・・


テー マ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html
ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html
 

【転載終了】


認証コード(9732)

a:1798 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional