ようこそ、三方両得どっとCOMサイトです。買い手よし、世間よし、売り手よし!

水が燃える技術、ついに完成!!⑱

水が燃える技術、ついに完成!!⑱

マイヤーの水を燃やす技術を完成させた
日本人がい る!!

GhostRipon さん(HN)その人だ!!
有言実行、とうとう『
日本製品』を作り 上げた!!第18弾


 

 いよいよ実証実験に入る。自ら無尽蔵に生み出せるHHOガスの発生実証実験だ。ご注目いただきたい。無限のエネルギーの発生実験だ。フリーエネルギーの実証実験だ。効率は後に検証される。


 いとも簡単に無尽蔵の水素酸素ガス発生の技術が日の目を見る。これまでの所、ラビ氏のレポート通り進捗しているようだ。詳しくは『水が燃える』タグで検証されたい。『・・・ついに完成した』シリーズは、タグ『水が燃える②』だ。


 これから、しばらく、実証実験シリーズが続く。動画も加わるので、より理解がしやすいだろう。


 
【転載開始】2010年01月14日(木)

コンディショニング2(動作実験)

テーマ:実験
白いコートがインナーパイプに薄っすら付きました。(けっして汚れではない)

O0600045010375154881

↓と比べたら、まだまだ先は長い。

O0400030010375178952

(こ こまで仕上がればOK)


動作中、アンペアメータの針が突然跳ね上がったので調べたら、回路の抵抗(100Ω0.25W)が焼損し てました。
そう言えばと思い出して、ラビ氏のレポートを読み返したら、

「100Ω0.25W 抵抗器は、焼損し続けたので、100Ω0.5W抵抗器に取り替えられました。」
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10349626443.html
と あるので、同じ現象ですね。
100Ω0.5W(金属皮膜抵抗)に変更だな。

O0600040010376207201

コンディショニング後の水の状態。上手 く撮れていないが、若干黄ばんでます。
水がそれほど汚れない(ブラウンマックが発生しない)ので、1セット同じ水で動作させてます。

O0600045010376207203


電極の録青。なぜかプラスだけ。(端子 素材は、プラスもマイナスも同じ)

O0600045010376207204


前回載せた1Aが地味すぎたので、今回 はコンディショニングの最後に行う3Aの動画。
1A時よりもセットが後で効率が上がってる状態、しかも投入電力が3倍です。
泡とは別の白 い霧状のものもガス(微細な泡)です。
0.5Aでこれくらい分解されればねえ・・・


気づいたことは、忘れないうちに書いておこう。
順調です。

コ ンディショニングは当分の間つづく。


テーマ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html

ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html
 

【転載終了】


認証コード(6572)

a:1886 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional