ようこそ、三方両得どっとCOMサイトです。買い手よし、世間よし、売り手よし!

エネルギー革命は、とうに始まっている! ⑦

エネルギー革命は、とうに始まっている! ⑦

Pulsed Water-splitters No.5(パルスを用いた水の分解)
これからの転載は、GhostRiponさん(HN)の力作、傑作、
それではまだ言い足りない........。
勝れた業績である!!
詳しく読めば、誰でも水で走る車、水で起こす電気、水を利用して、
エネルギー革命が出来る!!


 ここで、果たして『水が燃える』のか? 先ずは、下記の動画を観て頂こう。『水が燃える』と言っても、正確には水の組成原子である水素と酸素が、分解されて水素分子と酸素分子の混合ガスが、再結合する(燃える)という意味である。


Exploding Water(爆発する<燃える>水)
http://www.youtube.com/watch?v=zhm0ozrpHJ8


 どうして、水が燃えるガスに分解するのか。一つにはよく知られた電気分解という方法があるが、これは分けが違う。電気分解には電気を通す電解質の溶液にする必要があるが、これは水道水でも純水でも可能である(但し、動画の分はソルトを加えている。)。通電するのでないから、通常の電気分解ではない。


 

一定のパルス(電磁波)を作用させることにミソがある。一定波の振動を与えると、極少ない電力で容易に分解するのである。これをあるコメント氏は、下記のコメントを寄せて下さった。


《私 は、30年前に大学で振動工学を学んだので、理解できます。全ての物質は、固有振動数という周波数を持って振動しています。この固有振動数と同じ振動数の 振動が加えられると、理屈上振幅は無限大となり、それを構成する物質は破断します。ですので、今まで水の電気分解をエネルギー保存の法則で物理屋さんが論 じてきたことに間違いがあります。これは、振動工学の分野なのです。



ともあれ、水は燃えるのである。そして、その応用技術が明らかにされている。



【転載開始】2009年09月08日(火)

Pulsed Water-splitters No.5(パルスを用いた水の分解)

テーマ:エコ&エネルギー
A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems  No.5
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html

Dr Scott Cramton. Dr. Cramton and his team of Laesa Research and Development scientists have been investigating and advancing this technology and they have reached an output of six litres per minute for an electrical input of 12 watts (1 amp at 12 volts). In addition, Dr. Cramton’s cell has stable frequency operation and is being run on local well water. The objective is to reduce the amount of diesel fuel needed to run a large capacity standard electrical generator.
Cramton 博士と彼のLaesa 研究開発の科学者のチームは、この技術を調査し進歩させ、6リットル/分のアウトプットを12W(12Vにおける1A)の電気エネルギーの投入で達成しま した。 さらに、Cramton博士のセルは、安定した振動数を持ち近くの井戸水で動かされます。 目的は、大容量の標準発電機を動かすのに必要であるディーゼル燃料を減少させることです。

The style of design is similar to Stan Meyer’s original physical construction although the dimensions are slightly different. The cell body is transparent acrylic tube with end caps top and bottom. Inside the tube are nine pairs of pipes, electrically connected as three sets of three interspersed pipe pairs. These are driven by a three-phase pulsed supply based on a replication of Stan Meyer’s original cell. It consists of a Delco Remy alternator driven by a 1.5 horsepower 220 volt AC motor. This arrangement is, as was Stan Meyer’s, for demonstration purposes. In a working application, the alternator is driven by the engine being supplied with the hydroxy gas. The 120 degree phase separation is the critical component for maintaining the resonant frequency. It should be noted that the alternator must maintain a rate of 3,600 rpm while under load.
寸法はわずかに異なっていますが、 設計された形はスタンマイヤー氏オリジナルの物理的な構造と同じです。 セルボディは、上下にエンドキャップを持つ透明なアクリルチューブです。 チューブの中には、(アウターパイプとインナーパイプで1セット)3セットを1組とした電極パイプが3組あり、3セット×3組の合計9セットのパイプがあ ります。 これらは、スタンマイヤー氏初期の回路設計に基づいて、3相にパルス化されて動かされます。 それは、1.5馬力220ボルトACモーターで動かされる、Delco-Remy交流発電機(ACデルコ製の商品名)から成ります。 交流発電機の作動は、水素混合ガスを供給されているエンジン(の発電)により動かされます。 120度の相分離は、共鳴周波数を維持するための重要な要素です。 交流発電機が、3,600rpmを維持しなければならないことに注意するべきです。

It needs to be stressed that Dr. Cramton’s cell is very close in construction principles to Dave Lawton’s cell and the quality of construction is very important indeed. The first and foremost point which can be easily missed is the absolutely essential tuning of all of the pipes to a single, common frequency. This is the equivalent of tuning a musical instrument and without that tuning, the essential resonant operation of the cell will not be achieved and the cell performance will not be anything like the results which Dr. Cramton and his team are getting.
デイブロートン氏のセルへの構成原理に、 Cramton博士のセルも考え方が非常に近く、セルの組立精度が非常に重要であることが強調される必要があります。 真っ先のわかるポイントは、単一の共鳴周波数にする為に、パイプのすべてに調律を必ず行わなければならない点です。 これは楽器を調律するのと同等の作業であり、その調律がなければ、セルに必要不可欠な共鳴は達成されず、セル性能は、Cramton博士および彼のチーム が得る結果にはなりません。

Dr. Cramton is using 316L-grade stainless steel pipes 18 inches (450 mm) long. The outer pipes are 0.75 inches in diameter and the inner pipes 0.5 inches in diameter. This gives an inter-pipe gap of 1.2 mm. The first step is to get the pipes resonating together. First, the frequency of an inner pipe is measured. For this, a free internet frequency-analyzer program was downloaded and used with the audio card of a PC to give a measured display of the resonant frequency of each pipe. The download location is here
Cramton 博士は、長さ450mmの316L-グレードステンレス鋼パイプ(18インチ)を使っています。 外のパイプには直径0.75インチ(19.1mm)、および内側のパイプは直径0.5インチ(12.7mm)です。 これは1.2mmの相互パイプギャップを与えます。(外パイプの肉厚は2mmか) 最初のステップは、パイプを共鳴させることです。 第一に、内側のパイプの周波数を測定します。 そのために、無料のインターネット周波数分析器プログラムがダウンロードされ、それぞれのパイプの共鳴周波数を測定するために、PCのオーディオカードで 録音されました。 ダウンロードはここにあります:

The method for doing this is very important and considerable care is needed for this. The quarter-inch stainless steel bolt is pressed into the inner pipe where it forms a tight push-fit. It is very important that the head of each nut is pressed in for exactly the same distance as this alters the resonant frequency of the inner pipe. The steel connecting strip is then bent into its Z shape and securely clamped to the bolt with a stainless steel nut. The assembly of pipe, steel strip, nut and bolt is then hung up on a thread and tapped gently with a piece of wood and its resonant frequency measured with the frequency analyzer program. The frequency is fed into the program using a microphone. All of the inner pipes are tuned to exactly the same frequency by a very slight alteration of the insertion length of the bolt head for any pipe with a resonant frequency which is slightly off the frequency of the other pipes in the set of nine inner pipes.
この方法は非常に重 要です、そして、かなりの注意が必要です。 4分の1インチ(6.35mm)のステンレスボルト(ヘッド)は、インナーパイプ内径に対し『しまりばめ』で圧入されます。 各ボルトヘッドの圧入深さが、インナーパイプの周波数に影響するので、同じにすることが非常に重要です。 スチール(ステンレス)接続片は、次に、Z形に曲げられて、ステンレスナットでしっかりとボルトに固定されます。 パイプ、薄板、ナット、およびボルトのアセンブリは、糸に掛けられて、周波数分析器プログラムによって測定される状態で、木材でそっと叩かれます。 マイクロホンを使用することでプログラムに音(周波数)を取り込みます。 ボルトヘッドの圧入深さの非常にわずかな変化で、インナーパイプの周波数が変更でき周波数の調整が可能です。

Next, the outer tubes are slotted to raise their resonant frequency to match that of the inner pipes. Their frequency is also measured by hanging them up and tapping them gently with a piece of wood. If the frequency needs additional raising, then the tube length is reduced by a quarter of an inch (6 mm) and the testing continued as before. Adjusting the width and length of the slot is the best method for adjusting the resonant frequency of the tube. A small file can be used to increase the slot dimensions. This procedure is time consuming and tedious but it is well worth the effort. The average finished length of the outer pipes is 17.5 inches (445 mm) and the slot dimensions 0.75 inch long and 0.5 inch wide (19 mm x 13 mm). The pipe arrangement is shown here:
次 に、アウターチューブは、インナーパイプと共鳴周波数を合わせる(アウターチューブの周波数を上げる)ためにスロットをつけられます。 また、それらの周波数は、糸に掛けられて、木材でそっと叩かれ測定されます。 もしも周波数の追加上げを必要とする場合、管長は1度に4分の1インチ(6mm)づつ減少させ、そして、従来と同様のテストをまた繰り返します。 スロットの幅と長さを調整するのは、チューブの共鳴周波数を調整するための最も良い方法です。 スロット寸法を増加させるには、小さいヤスリを使用します。 この手順は、時間がかかって退屈ですが、それは十分努力の価値があります。 外管調整後の、平均したパイプ全長は17.5インチ(444.5mm)、スロットは、高さ0.75インチx幅0.5インチ(19mm x13mm)です。 パイプのアレンジはここに示されています:

O0433045710246055051


The outer pipes are drilled and tapped to take either a 6/32” nylon bolt available from Ace hardware stores in the USA, or alternatively, drilled and tapped to take a 4 mm nylon bolt. Three of these bolt holes are evenly spaced around the circumference of each end of all of the outer pipes.
アウターパイプには、6/32インチネジ用の下穴を開けネジ切りをし て、米国のエースハードウェア店から入手可能な6/32インチ(4.76mm)ナイロンボルト、または代わりにM4用の下穴を開けネジ切り、4mmナイロ ンボルトを使用できるように加工します。 これらのネジ穴の3つは、アウターパイプの外周に対し等しい間隔(120度間隔)をおいて配置されます。(下図参照)

O0627030910246055056


These nylon bolts are used to adjust and hold the inner pipe gently in the exact centre of the outer pipe. It is very important that these bolts are not over tightened as that would hinder the vibrations of the inner pipe. The bolts are adjusted so that a feeler gauge shows that there is exactly the same 1.2 mm gap all round, both top and bottom. The weight of the inner pipe is carried by a 3/4 inch (18 mm) wide strip of stainless steel bent into a Z-shape, and none of the weight is carried by the nylon bolts. Dr Cramton describes this Z-shaped steel strip as a “spring” and stresses its importance in constructing a set of resonating pipe pairs. The arrangement is shown here:
これらのナイロンボルトは、アウターパイプの正確なセンターでインナーパイプを穏や かに調整し、保持するために使用されます。 これらのボルトが内側のパイプの振動を妨げるようにキツク締められないことが非常に重要です。 ナイロンボルトにより、隙間ゲージが常に1.2mmのギャップを示すように、上端、下端のすべてのラウンドがボルトにより調整されます。 内側のパイプの重量は、Z-形に曲げられた3/4インチ(18mm)の幅のステンレスの接続片より支えられて、重量はナイロンボルトでは支えません。 Cramton博士は、このZ-形をしている薄板を「スプリング」と記述して、共鳴しているパイプペアのセットを構成する時に、その重要性を強調します。 配置はここに示されます:

O0520055910246055059


The supporting springy strip of steel is shown in blue in the above diagram as it also forms the electrical connection for the inner tubes. The outer tubes are held securely in position by two plastic discs which form a tight push-fit inside the 6” (150 mm) diameter acrylic tube which forms the body of the cell. The cell is sealed off with plastic caps (ideally, the upper one being screw threaded for easy maintenance) and the electrical connections are carried through the lower cap using 1/4” (6 mm) x 20 stainless steel bolts. The bolts are sealed using washers and rubber O-rings on both sides of the cap.
ス テンレスの接続片「スプリング」が、インナーチューブの電気の接続も形成すると、上記の図、青において示されます。 アウターチューブは、セルのボディを形成する6インチ(150mm)直径アクリル管の中に、きつく圧入された2つのプラスチックのディスクにより、定位置 に安全に保持されます。 セルは、プラスチックのキャップ(理想的には、容易なメンテナンスのためにネジ切りされた上部のフタ)で封印されて、電気の接続は、貫通した1/4インチ (6mm)×20 ステンレスボルトを通して行われます。ボルトはキャップの両側でワッシャーとゴムO-リングを使用することでシールされています。

For clarity, the diagram above shows only the electrical connections for the inner pipes. The electrical connections for the outer pipes are shown in the following diagram. The connections are made at both the top and the bottom of each outer pipe by attaching a stainless steel hose clamp with a stainless steel bolt welded to each clamp. The wiring is then carried across inside the cell so that all six connection points for each set of three pipes are carried out through the base of the cell with just one bolt, again, sealed with washers and rubber O-rings. The nine pipe pairs are electrically connected in three sets of three, and each set is fed with a separate phase of a 3-phase waveform. This sets up an interaction through the water and produces a complex pulsing waveform with each set of pipes interacting with the other two sets. The sets are arranged so that the individual pipes of each set are interspersed with the pipes of the other two sets, making the sets overlap each other as shown in this diagram:
わ かりやすくするために、上記の図ではインナーパイプの電気の接続のみでした 。 アウターパイプのための電気の接続は、以下の図において示されます。 接続は、固定するステンレスボルトが溶接されている状態のステンレスホースクランプにより、アウターパイプの上部、下部の両方で行われます。 配線は、3本のアウターパイプ(1セット)のために、セルの中を横切って3本が接続され、上部3つ、下部3つ、計6つの接点を配線で接続し最終的には内部 で1本のまとめられ、1本のボルトによりセルのベースを通じて外に運ばれます、また、ボルトは両側でワッシャーとゴムO-リングを使用することでシールさ れています。3本1セットの3セットで電気的に9本のパイプセットとして機能します、そして、3位相波形の分離相で各セットを動作させます。 これは水を通して相互作用を設定し、それぞれのセットのパイプが他の2セットと対話し複雑な脈打つ波形を発生させます。 セットが調律されているので、各セットのパイプの振動は、他の2セットのパイプにも組み入れられて動作します、図に例示する:

O0611055510246055062


For clarity, the diagram above does not show the electrical connections for the inner pipes and it omits the pipes of the other two groups of three, the water-level sensor, the gas take off pipe and the gas-pressure sensor.
わかりやすくするために、上記の図にはインナーパイプのための電気の接続を示しません、そして、他の2セット3本のアウターチューブの電気接続、水位センサ、ガス放出パイプ、およびガス圧力センサも省略してます。

An alternative method of connecting to the outer pipes is shown here:
アウターパイプを接続する別の方法は、ここに示されます:

O0522018010246055064


This acts in exactly the same way as the previous method and are just as electrically effective. The advantage is that only four hose clamps are used instead of nine, though, of course, two of those clamps are much longer as shown in this view of the top of the pipes:
こ れは、まさに前の方法と同じように接続され、電気的にちょうど同じくらい有効です。 利点は4個のホースクランプだけで済むことです。もちらん9個の代わりに使用される2個のクランプは、パイプの全体をクランプするため、はるかに長さが必 要ですが(交流発電機仕様は、下の回路図にある通り(+)極は3セットを別々に接続しないといけないので、この接続方法は、FETで動かす場合でしょ う):

O0639027610246057686


At this time, Dr. Cramton is driving the pipe arrays with the circuit shown below. It uses an AC sinewave generated by a pulsed alternator. The current fed to the motor driving the alternator accounts for about 24 watts of power while the current drive to the alternator winding is just 12 watts. It should be realised that the alternator can easily drive many cells, probably without any increase in power required. Dr. Cramton is investigating methods of producing the same waveform without the need for an alternator and while that would be useful, it should be realised that a gas output of six litres per minute for a power input of only 36 watts is a very significant result. Others have shown that it is possible to power a 5.5 kilowatt electrical generator on hydroxy gas alone with a flow rate of this sort of magnitude, and obviously, the 36 watts can very easily be provided from that 5.5 kilowatt output.
現 在、Cramton博士は、下に示された回路でパイプ配列を動かしています。 それは、パルス化された交流発電機により生成された交流正弦波を使います。電流は、交流発電機のコイルからセルパイプの動作に12ワット(12V-1A) が供給され、交流発電機を動かしているモーターに約24ワット(12V-2A)供給されました。交流発電機が、パワーの追加も全く必要なしで、多くのセル パイプを容易に動かすことができると気づくべきです。(12Wだとウインカー程度か)Cramton博士は、交流発電機の必要性なしで同じ波形を発生させ る方法を調査している間、これが役に立つだろうという、36ワット(12V-3A)だけの電力投入で、6リットル/分のガスアウトプットが非常に重要な結 果であると気づくべきです。その他に示されていることは、6リットル/分のガスアウトプット(水素混合ガス)だけで、5.5キロワットの発電機を単独で動 かすことが可能です。それは明らかに、36ワットから非常に容易に、5.5キロワットの出力を供給できることになります。

It is absolutely essential that the pipe pairs are “conditioned” as there will be very little gas production until the white conditioning layer is built up on the active surfaces of the pipes. As has already been described, one method is by powering the cell up for a few minutes, and then letting it rest unused for a time before repeating the process. Dr. Cramton emphasises that at least a hundred hours of conditioning will be needed before the gas output volume starts to rise, and it will be three months before the white conditioning layer reaches its full thickness and the gas production rate increases dramatically.
白 い調節層(酸化クロムの誘電体)がパイプの活性表面で確立されるまで、ほとんどのガス生産がないので、パイプ組が「調節されること」は、絶対に不可欠で す。 既に説明されるように、数分の間セルを動かして、次に、休ませるプロセスを繰り返すことです。 Cramton博士は、ガス出力ボリュームが上昇し始める前に、少なくとも100時間の(動作)調節が必要であり、白い調節層が完全な厚さになり、劇的な ガス生産率に達するには、3カ月かかると強調します。

Dr Cramton stresses that it is the mechanical construction which will make the difference in the gas production rate. The inner and outer pipes must be tuned to a common frequency. It is vital that the pipe pairs must be conditioned, which can be done through repeated use over a period of time. A very important alternative to this long conditioning process is coating the whole of the pipe surfaces with the insulating material "Super Corona Dope" (www.mgchemicals.com) as this gives immediate conditioning of the pipes. When a complete set of tuned tubes has been achieved, then the electronics must be built and tuned to the resonant frequency of the tube sets. Voltage builds up on the pipes from the repeated pulsing of the low voltage circuit and the action of the bi-filar wound coils each side of each pipe set and allowed by the insulation of the pipes. With Super Corona Dope this voltage has been measured at 1,480 volts but with the insulating layer from a local water supply, that voltage is around 1,340 volts.
Cramton 博士は、白い調節層が、ガス生産率の違いを生じさせる機械的構成であると強調します。内側と外側のパイプは、共通の周波数に調整する必要があります。パイ プ組が、一定期間の反復使用で「調節されること」は、重要です。非常に重要なパイプに調整を与える、長いプロセスの代替案として、即時の調整を与えるよう に"Super Corona Dope"(商品名)をパイプ表面の全体に塗る方法があります。チューブセットの調整を完了したなら、チューブセットの共鳴周波数に、エレクトロニクス (回路)を組立てて、出力を調整しなければなりません。電圧は、低電圧回路の繰り返されるパルス化から、バイファイラーコイルにより各パイプセットに増幅 したのち出力され、他のパイプは許す範囲で絶縁されます。"Super Corona Dope"と共に、この電圧は1,480ボルトで測定されましたが、絶縁体の真水との電圧は1,340ボルト程度です。[誘電体 (dielectrics):電流の流れ方に応じて、物体は導体(conductor)、半導体(semiconductor)、絶縁体 (insulator)に分類される。絶縁体は電気を通さないため、感電防止の被覆に利用されたりする。絶縁体が電気を通さないのは、物質内部に自由電子 を持っていないからだ。外部から電圧が加わると、絶縁体は電流が流れない代わりに、分極という現象が起きる。分極や分極によって生じる絶縁体の働きを検討 する場合、絶縁体とは言わずに誘電体という。]

It should be understood that the bi-filar wound coil (that is, wound with two strands of wire side by side) generates very sharply rising, very short voltage spikes, typically in excess of 1,000 volts in spite of the electrical supply being less than fourteen volts. The coils used by Dr Cramton are wound on ferrite rods, 300 mm (11.8”) long and 10 mm (3/8”) in diameter. As only 100 mm long rods were available, these were constructed by placing three inside a plastic tube. The coil winding is of enamelled copper wire and to allow sufficient current carrying capacity, that wire needs to be 22 swg (21 AWG) or a larger diameter, that is, with a lower gauge number such as 20 swg. These coils are wound to give an inductance of 6.3 mH on each of the two windings.
これは、バイファイラー コイル(同時に2つワイヤを並べて巻かれている)が、14ボルトの電力供給から非常に大きく、1000ボルトを超える非常に短い電圧スパイクを生成するこ とを理解する必要があります。Cramton博士によって使用されたコイルは、直径10mm(3/8インチ)、長さ300mm(11.8インチ)のフェラ イト棒に巻き上げられている。 長さ100mm(以下)のロッドだけが利用可能なとき、これら3本をプラスチックチューブ内部に配置することによって、組み立てられました。 コイル巻線はエナメル銅線の一つであり、十分な電流を運ぶ能力を有するように、そのワイヤは22SWG = 0.711mm(サイズ21AWG)か、より大きい直径である必要があります、すなわち、20 swg = 0.914mmなどの下側のゲージ番号で。 これらのエナメル銅線は、6.3mHのインダクタンスを得るために、2つを並べて巻かれる。

O0400011610244832412


This is the circuit presently being used. You will notice that an additional pole has been added to the Gating On/Off switch so that the timing components are switched out when the gating signal is turned off. This gives added protection for the Gating 555 chip in the circuit, preventing overheating when it is running but not being used. The frequency used with Dr. Cramton’s cell is 4.73 kHz although this is not the optimum frequency for the cell. The alternator imposes a certain limitation on the highest possible frequency, but the frequency used has been shown to be the most effective and it is a harmonic of the optimum frequency. This is a bit like pushing a child on a swing and only pushing every third or fourth swing, which works quite well.
こ れが、現在使用されている回路です。 トグルスイッチが回路のゲート信号に加えられ、スイッチがオフにされるとゲート信号がオフになり、タイミングコンポーネントは消されます。 スイッチは、回路の信号をコントロールしている555チップの過熱を防止する保護を目的に追加された、普段は使われません。 Cramton博士が使用した周波数は4.73kHzで、これは、セルのための最適周波数ではありません。 交流発電機は可能な限り高い周波数に(制限を設けますが)、使用される周波数は、最も効果的になるように示されています、それは最適周波数の倍音です。 これは、ブランコに乗っている子供の背中を、3回、4回と押しているようなものです。スイングは、かなりうまくいきます。

O0415097610246057688


Dr. Cramton says: “I would like people to know that the scientific community is working on these projects and this technology is now a fact of science and not conjecture”.
Cramton博士は、言います: 「私は、人々に、科学者のコミュニティがこれらのプロジェクトに取り組んでおり、現在このテクノロジーが推測ではなく、科学の事実であると知っていてほしい。

Dr Cramton has performed repeated performance tests on a 40 kilowatt diesel generator and the results were highly consistent, coming in within 1% each time on ten successive tests. Here is his graph of the results of this preliminary work:
Cramton博士は、40キロワットのディーゼル発電機で繰り返し性能テストを実行しました。そして、結果は非常に一貫していました。10回の連続テストをしたときの誤差は1%の範囲内でした。 ここに、予備的な作業の結果、彼のグラフがあります:

O0520031310246057694


The gains at full 40 kW load are about 35%, representing a reduction of 1.4 gallons of diesel per hour. As the generator is part of the equipment of a major power supplier, it is likely that the number of generators will be manipulated in relation to the demand and so the continuous overall gain is likely to be about 33% even with such a low hydroxy input as 6 lpm. The investigation and development is continuing.
完 全な40kW負荷(100%Load)において、6L/minのような少ない水素混合ガスの入力で、毎時1.4ガロン(5.3L、1ガロン[米国] = 3.785L)のディーゼル燃料の減少(節約)を表し、得られるエネルギーは、最大値で約35%です。 ディーゼル発電機は、主要な電力供給会社の機器の一部であり、需要に関連して発電機の数が切り替えられるので、得られるエネルギーは約33%に下がるかも しれません。調査と開発は、続いています。[ユルブラウンは、水1Lから2000Lのブラウンガス(水素混合ガス)が分解できると述べてます。]

感想:
この調査報告は、書かれている順番がMOSFET回路の後に書かれていますが、Cramton博士は、初期の仕様
(デイブ氏の交流発電機を使用した回路システム)を参考に、製作したように読みとれます。
その理由は、デイブ氏が後にお勧めしないと書いている方法で、わざわざ製作した点と、
Cramton博士が、他の方法を検討していると、書いている点です。

確認するとこうあります。

デ イブ氏の交流発電機(オルタネータを動かすモーター)の駆動電流は、おおよその回路への電源入力の2倍、約2A消費します。モーターと交流発電機とほとん ど同じ機能を、サイズ、重量、ノイズに優れ、機械的消耗(可動部品)がない、ソリッドステート・リレー(半導体を使った無接点リレー、高速高頻度動作が可 能)で代用できるので、いまさらモーターと交流発電機を使うことの必要性が全くありません。
Pulsed Water-splitters No.2(パルスを用いた水の分解)の中段より


エンジンなら、クランクなどの軸から取リ出す方法もあるのでしょうが、回転数が変動するのは、
よろしくないのかも知れないな。
そのような訳で、Cramton博士の製作時期は、MOSFET回路が公開される前であろうと推察されます。

動作については、Cramton博士が、『このテクノロジーは、現在科学の事実』と、発言されたことは、
とても重いと思います。 結果を信じましょう。


次回は、Stan Meyer氏が製作した、Water Injection Systemsです。

Pulsed Water-splitters No.6(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10334311796.html

■過去の記事
Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330994478.html
Pulsed Water-splitters No.2(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10331992718.html
Pulsed Water-splitters No.3(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10332022863.html
Pulsed Water-splitters No.4(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10333372780.html

■関連記事
Stanley Meyer Data特許資料(英文) [pdf 221ページ]
http://www.free-energy-info.co.uk/MeyerData.pdf
Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
【資料】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330431267.html
各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10335356396.html

原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323958738.html
【続】原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328872198.html
燃える塩水 - Salt Water -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323134471.html
Byron New Energy - チャージ水 - charged water -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10324533613.html
【転載終了】


認証コード(5221)

a:1831 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional